雑念日記

雑多なことを書く場所

カナリエンシス完結

 

「ヘデラ・ハウラ」のおまけとして始めました、「カナリエンシス」がようやく完結しました。おまけと言いつつ本編より長いです。面白いですね(笑えない)

内容的には、気持ち悪い二人が気持ち悪く恋愛して、勝手に幸せになる話です。

もう私にはどうすることもできない……。

いままで書いた話の中で、ぶっちぎりで気持ち悪いと思います。

ハッピーエンドだけど。(たぶん)

 

・今後の予定(仮)

しばらく卒業制作で忙しくなるので、12月頃まではおそらく更新不可能です。

真面目に無理です。死んでしまう。

一応、次に何やるかは決まっていますので、その予告だけ。

予告って言っても、フォロワーさん250人突破記念SSと、企画に出したかったけど気力が死んでいたから出せずじまいに終わった「触手モノ」(久しぶりに新作)をやるよっていう、特に目新しくもない話なんですけどね。

触手は割と人選ぶ感じの話になると思うので、今のうちにヘデラで耐性をつけていただくと、いいかな……。なんて……。

上手くいけばSSくらいは更新できるかな……いや、無理かも……。

あまり期待せずにお待ち頂けますと幸いです。

 

カナリエンシス

お久しぶりです。

ちょっとあまりにブログ放置しすぎなので、更新報告がてらに更新しておきます。

めちゃくちゃ放置してると確か広告とか出ちゃうはずだし……。だったはず、うん。無料ブログの宿命。サイトの方も有料鯖に移転したいとか言いつつ結局ずっと無料鯖でなんとかしてるし、来年こそは鯖移転を検討、したい……。

さて、前置きはここまでにして。ムーンの方で、ヘデラ・ハウラのプチ後日談の連載始めました。

本編で大和が「あとで買ってやる」とかほざいてた、百合のストッキングを買いに行く話です。

タイトルのカナリエンシスっていうのは、「ヘデラカナリエンシス」っていうアイビー(ヘデラ)の品種のことです。

本当は「カナリエンシス」だけだと「カナリア諸島の」って意味になるらしいんですけど、まあ、語感がなんとなく好きだったので付けただけっていう、特に意味はない感じ……。

これから番外編増やすとしたら、ヘデラの仲間シリーズでタイトルはなんとか乗り切ろうという作戦。品種いっぱいあるし大丈夫でしょ(楽観)

一応3話くらいの短さで終わる予定です。

2話目火曜か水曜の晩くらいに投稿できるように頑張ります。

 

画像はなんかアイドルもの(R指定じゃないやつ)やりたいなーって思い立って、キャラ設定だけ作ってる創作アイドル主人公(予定)。

f:id:nueayad76:20180813121513p:plain

ほんっとエロしか書いてないな、ノベルゲのシナリオは全年齢向けっぽいけど……。

もっといろいろやりたいんですけど、年々書く速度落ちてる気がしてならない。

キャパをくれ、キャパを。

全ては今年の夏が暑すぎるせい。

「ボクらを作ったおもちゃたち」ダイマ

 Netflixの独自配信番組、「ボクらを作ったおもちゃたち」を見ました。
 内容としては、有名なおもちゃがどうやって誕生して、そしてヒットしていったのかを、コメディタッチに紹介していくドキュメンタリーです。
 1本だいたい40分前後で、2シーズン全話合わせて8本しかないので割と速攻で見終わります。
 シーズン1はアメリカのおもちゃ文化が面白おかしく、分かりやすく紹介されていました。アメリカの番組だしね。シーズン2は日本の話多めです
 まあ、そんなわけで、面白すぎて一気に8回分全部見終わってしまったので、勢いで軽く感想を書こうと思います。
 Netflixの刺客じゃないですけど、清々しいほどにダイマです。
 ネトフリはいいぞ。イントロとエンディングスキップの機能抹殺したいけど。
 
シーズン1
・第1回 スターウォーズ
 映画「スターウォーズ」のおもちゃの話。
 小さなおもちゃ会社だった「ケナー」が、「スターウォーズ」のおもちゃを作る権利を手に入れて大会社に成長するまでの話。
 それまで映画のおもちゃは全然ヒットしなかったので、どこの会社も製作を引き受けてくれなかったらしいです。
 今のヒット具合から考えると信じられないんですけど、当時は予告編も事前に見れなくて、ただラフスケッチを見ただけで売れるかどうか判断しなきゃならなかったと考えると、無理もないのかな。
 おもちゃの生産が間に合わなさすぎて、空の箱に「クリスマスにスターウォーズのフィギュアが手に入る権利」をつけて売った、という話が印象に残ってます。(その後、ちゃんと届いたそうです)
 
・第2回 バービー
 ご存知バービー。
 この回は結構ドロドロしてて、バービーの権利をめぐってマテルの元社長ルースと、バービーの設計をしたジャック・ライアンとのバトルが思ってたより白熱してました。
 全編通して、子供向けの着せ替え人形という今までなかったものを売り出すことに対しての、「女性たちの戦いの歴史」って感じです。
 
・第3回 ヒーマン
 これ、知りませんでした。
 でも、シーズン1ではこの回が一番好きです。
 ムキムキマッチョのスーパーヒーロー「ヒーマン」と、悪の怪人「スケルター」の戦いを描いた「MASTERS OF THE UNIVERSE」。そのアクションフィギュアシリーズと、アニメ、漫画の話。
 おもちゃからアニメを作って売り込む、という今ではありがちな戦略はこれから始まったらしいです。
 全然知らなかったんですけど、これを見てアニメ版見たくなりました。面白そう。
 スケルターのデザイン好き。
 このワチャワチャ感!!無計画感!!!カラフルすぎる色使い!!これぞアメリカのおもちゃ!!!パワーこそ全て!!!!(語弊)
 チャイルドワールドというおもちゃ屋を初めて知った。
 
・第4回 G.I.ジョー
 なんか軍人の人形、くらいの知識しかなかったです。
 初めての各部が動く「アクションフィギュア」、という革新的なものらしい。
 デッサン人形用に一体欲しいな、と思いながら見てた。
 この回も好きです。
  
シーズン2
 この回超好きです。
 スタートレック新スタートレックを数回見た、くらいの知識量です。
 なお、推しキャラはデータ。ヴォイジャーとか最近のは見てません。
 ちょろっと見て面白かったのは知ってるので、一気見したい。
 全然関係ないおもちゃに、「アストロ」って付けて、それっぽいステッカー貼って売ってた。カークとかスポックとヘルメットに書いて、スタートレックのおもちゃと言い張ってた、という話が最高にアホっぽくて好きです。笑いました。
 「クリエイターにとってもっとも幸福なのは、自分が死んだ後も作品が生き続け、永遠に人々の記憶に残ること」って言葉に首折れるほど頷いた。(うろ覚えだけどそんな感じのこと言ってました)
 最新の「Diamond Select Toys」が出しているフィギュアのクオリティが高すぎる。
 なにその服のシワ???
 変態造形じゃん????
 ナチュラルに、「は?欲しい」って言った。
 英語でググった。
 公式サイトにエンタープライズとカーク、ピカードみたいなメジャーなやつしか在庫なくて泣いた。(データを売れ)
 米国アマゾンならあるかもしれない。
 
 
 この回もとても好きです。
 日本とアメリカのおもちゃ会社の友情の話。
 これ見た後でバービー回見ると、ギャップがすごくて笑う。(バービー周辺の人間関係がギスギスしすぎ)
 
→日本では単独のおもちゃでも売れるけど、アメリカでは「善と悪」が存在する明確なストーリー(アニメとか漫画)がなきゃ売れない。
→日本人にとっては、どのロボットもヒーロー(メガトロンも元々はヒーローキャラとして作っていた)
というところが印象深かった。
 
 ちなみに、トランスフォーマーシリーズは「ビーストウォーズ」が好きです。(というか、物心ついて最初に見たのがこれで印象が強すぎる)
 ワスピーター好き。
 普通の車の方は、昔初代のアニメ見ましたけど、幼稚園入る前とかそれくらいなのであまり覚えてないです。映画はダークサイドムーンまでは見た……はず。バンブルビーのラジオ喋り好き。
 
 
・第3回 レゴ
 レゴは子供の頃にお世話になりました。(ハリーポッターのやつ持ってた)
 元から好きで本とか読んで割と知ってたので、個人的にそこまで目新しさはなかったかな……。
 レゴの経営、一時は結構厳しくて、そこどうやって乗り切ったか、って話が中心だった記憶。
 
 
 おもちゃというか、番外編っぽい。
 ハローキティというより、サンリオ全体の歴史についての解説、みたいな感じでした。
 アメリカの女の子が、サンリオショップが出来た当時「夢の国みたい!!」って超はしゃいでたのが印象的でした。アニメも漫画もないのに、キャラ単体でこんなに売れるというのはアメリカ的にはめちゃくちゃ珍しくて、異例らしいです。(ストーリーありきじゃないと普通は売れないらしい)
 スモールギフト ビッグスマイル。
 
 
 今はなかなか行かなくなってしまいましたが、高校の頃くらいまで週一でト●ザらスに行くくらいおもちゃを見るのが好きで、本気でおもちゃ作る会社への就職とかも考えていたくらいなので、めちゃくちゃ興奮しながら見てました。
 まぁ結局、設計とか出来ないし、デザイン能力もそんなにないし、無理だなと思って説明会だけ行ってやめましたけど。
 それでも、やっぱりおもちゃをみるのは楽しいですね。
 メイキングとか見るのも大好きなので、クリエイターは積極的にそういうの出していこ。
 

「ヘデラ・ハウラ」他告知諸々

 告知が遅くなってしまいましたが、ムーンライトノベルズさまにて「ヘデラ・ハウラ」という短編の連載を始めました。

ヤンデレサイコカス幼馴染に、いいように手篭めにされる話です。(当然のようにR18)

現在3話目まで投稿済み。もうちょっとで終わる予定。

タイトルは意訳すると、「アイビーの檻」という意味になります。

(気になる方は、アイビーの花言葉を検索してみてね)

f:id:nueayad76:20180607041618j:plain

日間ランキングで初めて1位になれたりもして、長年(それほど長くないけど)地道に活動してきてようやくここまでこれたのか、といった意味で感慨もひとしおです。

ありがとうございます。これからも精進します!!

 

・おしらせ色々

以下、おしらせが三件ほどありますのでそのまとめです。

本当はもっと早くまとめたかったんですが、私がもたもたしていたばっかりにこんなに時間が空くことに……。

 

・紹介記事

私がもたもたしている間に気付けば2ヶ月も経過(!?)してしまいましたが、こちらのブログさまにて拙作を数点紹介していただきました。

なんでも私がガラケースマホでぽちぽち更新していた時代からの読者さんのようで、嬉しいやら恥ずかしいやら、とにかくありがとうございます!

 

・触手祭り

 ご縁がありまして、さくら美郷さま主催のこちらの企画に参加させていただくことになりました。

8月頃に触手エロのお話を投稿します。そういえば、触手の話って書いたことなかったです。盲点でした。書きます。

ムーンライトノベルズでいつも通り読めます。

お楽しみに。

(リンク先、さくら美郷さまのムーンの活動報告につながります)

 

・新作ノベルゲーム

最後に。ちょくちょく情報は出していたのですが、友人2人と私の3名で、ゲームを作ることになりました。(※全年齢です)

その広報用のツイッターを作成しましたので、詳細はこちらでご確認ください。

最初はこんな感じで私が広報していたんですが、

現在はマスコットキャラのちくわちゃんが頑張ってくれています。

中の人などいない。 (彼女はサークルのマスコットキャラなので、ゲーム本編とは関係ありません)

 

 

蛇足(えみりちゃんといぬ)

――全ては夏の暑さが見せた、束の間のおとぎ話だ。

 

祝、後日談完結。

大変お待たせいたしました。毎回恒例蛇足(という名のあとがきコーナー)のお時間です。

本当は完結した翌日に更新 しようと思っていたんですが、ちょっと体調を崩してしまいまして間が空くことになってしまいました……。

面目ない。

告知とか映画感想記事はどうしたんだと思われていそう……でも先にこっちを更新させて欲しい。

そんなわけで。

今回は後日談部分も踏まえたえみり全般に関しての蛇足です。

(前回本編部分が完結した際のブログは下のリンクからどうぞ)

nueayad76.hatenablog.com

 

ネタバレ注意。(つづきからどうぞ)

 

続きを読む

らくがきまとめ

色々ツイッターに投げたイラストが溜まってきたのでまとめました。

長いので続きからどうぞ。時期的には去年11月〜今年4月現在のものです。

ラフからちゃんと塗ったものまでごった煮。(プチコメント付き)

告知諸々もしないとだめなのですが、それは次回の映画感想ブログ更新の冒頭でやろうと思います。f:id:nueayad76:20180424033159j:plain

続きを読む

近況雑談

前にブログを更新してから二ヶ月経っているという現実。

最近色々現実の方がバタバタしていたといいますか……、うーん。

今更隠しても仕方ないので白状すると(というか別に年齢隠してないし)、就活の諸々に奮闘しておりました。

それが一通り落ち着いたといいますか、若干一息ついても大丈夫そうな感じになったので、息抜きにこうしてブログを更新しています。

いや、まあ、まだ終わったわけじゃないので、もう少しバタバタシーズンは続くと思われますが……、とりあえず大丈夫そうかな、うん。たぶん大丈夫。

ケツを叩かないと私は更新をサボり続けるので、これでいいのだ。

(就活に関しては、全てが片付いたら軽く「無事に終わったよ!!」みたいなご報告だけさせていただこうと思います)

さて。

とりあえず何から話そうか悩んだのですが、そういえば上げていなかったなということで、進級制作展での「蛆の住処」の展示写真から。

f:id:nueayad76:20180422024324p:plain

こんな感じで、進級展の会場に一週間ほど展示されておりました。

蛆の住処自体は、ネットで無料でダウンロードできるのでよかったら遊んでいってね!!!最後まで無料で遊べるぞ!!!!(百合R15純愛ゲー)

ツイッターにはこの写真投げてたんですが、すっかりブログには投稿するのを忘れてました。うっかりうっかり。

展示会の方は、時期が春休み中だったっていうのと、そもそも場所が学内なんで毎回恒例「そんなに人くるわけねえよな、知ってた」状態なのですが、感想用ノート(写真の白いノートです)に(来場者数と比較すると)結構コメントをいただけていて、めちゃめちゃ嬉しかったです。(写真は設営時のものなので私のコメント以外記入なし)

ネットで感想を頂けるのと、生でノートに書かれている文字を見るのとでは、また感覚が違って不思議な感じでした。

感想といえば、最近メールフォームの方にも結構激励をいただいていたりして、嬉しい限りです。あんまり反応してませんけど、ちゃんと見てますよ……! いつもありがとうございます!!

最近更新ペース遅くてすみません!!

善処します……!!!

 

次。新作ノベルゲームの話。

ツイッターではちらっと話しましたが、現在卒業制作に向けてモゾモゾと動き始めております。今までは私一人で孤独に作ってましたが、今回は友人氏のパワーも借りて、私(原案・メインシナリオ・進行管理他雑用)withフレンズ×2+αで、人員増し増しでお送りいたします。

前々からイラスト外注したい背景描けない、私は絵描きじゃないんだよぐわーーー、と叫び続けていたら友人が折れてくれました。ありがたい限りです。

まだ細かいところは決まってないのですが、一応サークル的な感じで動かしてこうぜ!という方向になっているので、来月にはそちらの広報用ツイッターも動かせると思われます。

ホームページの立ち上げもやって、がっつり宣伝したいけどそこまで余裕はあるのだろうか……。

なにはともあれ、続報をお待ちください。

 

そんなこんなで。

とりあえず、今回はあまりに更新しなさすぎたブログの活性化が目的なので、これくらいで。

うーん。最近ツイッターでの短文投稿に慣れすぎて、うまく話がまとまりません。

ダメですね……。

ツイッターは人をダメにするツール……って、私の至らなさを道具のせいにしてはいけない。

ツイッターでかるーく次のブログの更新何がいいですか?というアンケートをとりましたら、「映画感想」にもそれなりに票をいただいたので、遠慮なく次回は「別にヤンデレとか恋愛映画じゃないから独断と偏見おすすめ作品集に載せてないけど、ここ二ヶ月くらいで見た面白かった映画紹介」記事にしたいと思います。

 

ブログってどれくらいの頻度での更新がベストなのかは分かりませんが、最低月一回はノルマとして書いていきたい所存。

 

 

 

 

 

えみり後日談、はじめました

そう簡単に幸せになれるほど、世の中甘くは出来ていない。 

 

そんな感じで、えみり後日談こと「えみりちゃんといぬ」、ムーンライトノベルズさまで本編の後ろにくっつけて連載始めてみました。「の」じゃなくて「と」、になってるのは個人的こだわりというか、多分最後まで読んでもらえれば意味がわかると思うので、今はノーコメントってことで……。

「後日談やるから!」って宣言したのが、9月(本編終わったのと同時)なので、だいたい6ヶ月ぶり……? あれ? 半年も私は何をしていたんだ?

 

A.蛆の住処作ってた。

 

さすがに途中、素材の組み込みするのに飽きて、息抜きがてら、唐突に「綱の上で踊る」を書いたので全く小説を書いてなかったってわけではないですが、それでも、本当にお待たせいたしました。

ストックシステムというか、予約投稿とか、そういう頭のいいものを私の脳は実装していないので、毎回恒例書き上がり次第投稿式です。ザ・無計画。

ということで、せっかく連載始めはしたけど、またしてものんびり投稿なのでお待たせすることになると思います。

 

そんなこんなで。

気長にお付き合いくださると幸いです。

(一話にはないけど、ムーンらしくエロもあるよ)

 

蛇足(蛆の住処)

f:id:nueayad76:20180223155555p:plain

殺人鬼のお姉さんと交流を深めるノベルゲームこと、「蛆の住処」。

ノベルゲームコレクションさまにて好評配信中です。

最後まで無料で遊べるので、よかったらダウンロードしてね。(R15)

そんなわけで、配信が始まってからだいたい一週間が経った今更ではありますが、毎回恒例、蛇足という名のあとがきのお時間です。(めちゃくちゃ短いよ)

ゴリゴリのネタバレなので、クリア済みの方のみ続きからご覧ください。

 

続きを読む

シンデレラ6変化

お久しぶりです。

f:id:nueayad76:20180125174711p:plain

最近は進級展用に「蛆の住処」という百合ゲーを作っている毎日なのですが、それとは別で授業の最終課題として「シンデレラ6変化」というゲームを作っていました。

実は今から二年ほど前に、「Cinderella」という激重システム貧弱ゲーを、課題制作としてDirectorという遺物のようなソフトで作ったことがありまして……。

f:id:nueayad76:20180125173332p:plain

(画像はふりーむ!のページのスクショ。一応今でもDLできますが、マジで遺物のようなゲームです。ご興味のある方はこちらからどうぞ。)

ちなみに、この時使用したDirectorは現在はサポートを終了しています。

(まぁ、せやろな)

 

それで前置きはここまでとして、今度は別の授業で、Flashを使ってゲームを作ってね、という課題が出ました。

蛆の住処でひぃひぃ言ってるのに、もう一本ゲーム作るのかよ……。

いやいや、そもそも選択科目だし、この授業を履修した私が悪い。

だがしかし、シナリオはなんとかなりそうだけど、新規で素材を描いている余裕はない。

お、そうだ! あの時のシンデレラの素材使いまわして新しいゲーム作ろう!!

そんなわけで、上記のシンデレラを基盤にしたものを作ることにしました。

 

が。

改めて昔の絵をじっくり見ていたところ、

(これダメだ、昔の絵が見るに堪えなさすぎてやばい。こんなん人様に見せれんぞ)

と、いつもの病気を発症。

 

そんなわけで、使いまわし計画はおじゃんになり、私は素材を全部書き直すハメになったのでした。うん、知ってた。(これなら新しいネタで話を考えれば良かったのでは)

今回は絵を描くのに必死でBGMとか付けている余裕がなかった&突貫工事なので公開する気ZEROなのですが、せっかく絵は死ぬ気で描いたし、完全お蔵入りさせるのも勿体ない精神で、スクショだけブログに公開します。

最初は着せ替えゲーにする予定だったんですが、アイテム描くのめんどくさいのとプログラミング力がカスなので、普通にノベルゲーになりました。

プログラマー随時募集中。

ということで、ここからスクショ&軽いコメント祭りです。

 

続きを読む